不動産コンサルティングの One Stop Solution  
家族信託


家族信託の紹介
家族信託とは
家族信託の仕組み 
家族信託の効果
家族信託による認知症対策
家族信託による
配偶者の認知症対策
受益者連続型家族信託
家族信託の税務関係
家族信託活用の流れ
信託による
「所有権の二分化」
家族信託 Q&A 
 

 
 
 
 
  ■ 家族信託の仕組み(代表的な一例)

 
     
父所有の賃貸アパートを信託財産として、
父が委託者兼受益者、子を受託者とする信託契約を結ぶ。 
アパートの名義(所有権)は受託者である子の名義となる。 
アパートの収益(家賃等)は受益者である父のものとなる。 
父が認知症になっても子が受託者としてアパートを管理運営する事が出来る。 
受託者である子の判断でアパートを売却する事も可能となる。
(売却代金は受益者である父のもの) 
実質的な権利が移動していないので、譲渡税や贈与税の課税は発生しない。 
実質的な権利が移動していないので、譲渡税や贈与税の課税は発生しない。 
 
   
   



  有限会社インターニーズ 
   〒277-0862 千葉県柏市篠籠田132-1-308
 TEL : 04-7148-3161   メールでお問い合わせ
 Copyright © 2007 Interneeds Inc. All Rights Reserved. 
  会社概要 不動産有効活用コンサルティング  不動産賃貸情報
  代表挨拶 相続コンサルティング リンク集
  アクセスマップ 借地整理コンサルティング その他の業務実績
 プライバシーポリシー 不動産契約コンサルティング   Cohousing
      国際事業
      観光事業コンサルティング