不動産コンサルティングの One Stop Solution  
家族信託


家族信託の紹介
家族信託とは
家族信託の仕組み 
家族信託の効果
家族信託による認知症対策
家族信託による
配偶者の認知症対策
受益者連続型家族信託
家族信託の税務関係
家族信託活用の流れ
信託による
「所有権の二分化」
家族信託 Q&A 
 

 
 
 
 
  ■ 家族信託による認知症対策

 
 

 ■ 不動産の管理・運営
・ 不動産の管理・運営は受託者が行うので柔軟な対応が可能になります。
・ 必要に応じて受託者が不動産を処分・換金する事も出来ます。
・ 不動産収入は受益者である父が受け取ります。

 ■ 相続が発生したら
信託契約が終了して信託不動産は相続財産とする設計、或いは、信託契約で受益権の承継者を指定しておく設計など、信託契約内容は自由に設計できます。
信託契約で受益権の承継人が指定されている場合、その受益権の相続は、遺産分割協議の対象からは外れますが(生命保険の受取人が指定されているケースと似ている)、遺留分減殺請求の問題は残ります。
また、受益権の相続税評価額は信託不動産そのものの評価額となりますので、相続税の節税効果はありません(デメリットもありません)。 
   


  有限会社インターニーズ 
   〒277-0862 千葉県柏市篠籠田132-1-308
 TEL : 04-7148-3161   メールでお問い合わせ
 Copyright © 2007 Interneeds Inc. All Rights Reserved. 
  会社概要 不動産有効活用コンサルティング  不動産賃貸情報
  代表挨拶 相続コンサルティング リンク集
  アクセスマップ 借地整理コンサルティング その他の業務実績
 プライバシーポリシー 不動産契約コンサルティング   Cohousing
      国際事業
      観光事業コンサルティング